結婚式、人生でそう何度もあるものではないので、色々と考えますよね。

一生に一度だからこそ、後悔しないようにあんなことしたい、こんなことしたいと夢が膨らみます。

私も、色々と考えました。雑誌やネットを見ては、ドレスはこんな雰囲気のをとか、衣装替えやヘアチェンジのことを考えたり
ゲストのみなさんにお渡しするお菓子は、ちょっと有名なお店のマカロンにしたいな、などなど。

そんなばら色の夢を見ていたのですが、一気にお先真っ暗に。
新郎の両親です。

新郎の両親ですが、悪い人ではなくどちらかというと社交的で世話好きなタイプ。本当に色々とよくしてくれます。
が、結婚のことは別。

あちらの両親は結婚は家と家とのつながり、私の希望よりも家の希望を受け入れるべきと。

親戚やご近所メインでの挙式にしなければならないということでした。

式場も、あちらの親戚が足を運びやすい場所と日時、ゲストへの食事や引き出物も全て、
あちらの両親が決めるということで、夢も希望もなくなってしまいました。

楽しみどころか、もう結婚式なんてしたくないと思うほどでして。
とても落ち込んでる私を見た、婚約者の彼が色々と調べて海外ウエディングというのを提案してくれました。

新婚旅行を兼ねて、海外へ行きそこで挙式をするというもの。

これなら、ささやかだけど誰にも邪魔されることなく思い通りの挙式ができるのではないかと。

その時、希望の光が見えました。本当に、生きてて良かったと思うほどでして、私はその提案に飛びつきました。
結局、無事に海外で挙式を行うことができ無事に夫婦となりました。

それから一段落してから、親戚を集めた簡単な披露宴と、友人たちを招待してのパーティーと行いましたが満足しています。
しかし、結婚式に対する思いいれって当人だけがあるものかと思っていたら、どうやら違うんですね。

相手の両親も相当な思い入れがあったようで、本当に想定外でした。